個人再生

住宅ローン特則付き個人再生(住宅資金特別条項付個人再生)

住宅ローンが支払えない原因としてよく挙げられるのは、
住宅ローン以外の借金の支払いの催促がきつく、そちらの支払いで精一杯で、住宅ローンまで手が回らない。
というものです。

その場合、住宅ローン特則付き個人再生手続という手段をとることが考えられます。


これは、裁判所の認可を得て、

  • 住宅ローン以外の借金は、一定額(原則として借金総額の5分の1)を一定期間(原則3年。場合により5年以内)で支払う。
  • 住宅ローンは、他の借金と異なり、今までの約束どおり支払う。ただし場合によって支払方法を変更することができる。

という手続です。

※この、住宅ローンについての特別な定めを民事再生法では「住宅資金特別条項」と呼んでいます。が、あまりなじみのない言葉なので、「住宅ローン特則」と呼ばれたりすることもあります。


これによれば、毎月の借金の支払額が下がりますので、住宅ローンの支払も無理なくできるようになります。


この手続きのメリットは以下のとおりです。

  • 住宅ローンを今までどおり支払うので、住宅を失うことがない。
    また、住宅ローン会社が認めれば、住宅ローンについて今までの支払いとは別の取り決め(リスケジュール)をすることも可能。
  • 住宅ローン以外の借金を圧縮でき、家計の改善につながる。
  • 破産手続ではないので、破産特有の不利益を負わない。
    特に、ギャンブル等で借金を増やしたような、破産免責が難しい事情がある場合でも、個人再生では手続ができる。

ただし、この手続は、いわば裁判所の認可を得て借金を棒引きするものですから、認められるためには様々な要件を満たすことが必要です。

また、デメリットも存在します。

  • 住宅ローン特則付き個人再生が使える住宅ローンは、一定のものに限られます。
    通常、ご相談者が住んでいる家やマンションに抵当権がついている住宅ローン、であればこの要件を満たします。
    ただし、
    ・投資用マンション(債務者が住んでいない)についている住宅ローンはこの手続の対象になりません。
    ・自宅兼事務所の場合は、自宅として使用している部分が床面積の2分の1以上あることが必要です。
    ・抵当権がついていない、いわゆる無担保ローンは対象になりません。
    ・一戸建ての場合、建物に住宅ローンの抵当権がついている必要があります。敷地だけ抵当権がついていて、建物に抵当権がついていない場合は、対象になりません。
  • 住宅ローンの支払は今のままで、他の借金を圧縮することで住宅ローンの支払を確保する、というものですので、そもそもほかの借金がなくて、住宅ローンの支払が困難である場合は、この手続を使う意味がありません。
    そのような場合は、銀行との交渉で支払い条件を変更する(リスケジュール)を考えることになります。
  • 住宅ローンの支払い+圧縮された借金の3~5年分割ができるだけの収入があることが必要です。
    それだけの収入がない場合は、裁判所が認可を出さないでしょうし、認可が出たとしても早晩挫折する可能性が高いです。
  • 裁判所を通す手続ですので、必要書類を集めたり、裁判所からの問い合わせに対応したりする労力がかかります。
    弁護士や司法書士を依頼したとしても、この労力は完全にはなくなりません。
  • 住宅ローンを滞納している場合、基本的には滞納分を完済しないとこの手続は使えません。滞納の程度がひどいと、事実上使えなくなります。
  • 住宅に、住宅ローン以外の借金の抵当権がついていると、この手続は使えません。不動産担保ローンを利用している場合は要注意です。
  • 住宅ローン以外の借金総額が5000万円を超えていると、そもそも個人再生手続が使えません。
     したがって、住宅ローン特則付き個人再生の手続ももちろん使えないことになります。

以上、使えない場合もありますが、だいたいの方にとっては、メリットの大きい手続になると思います。


特に、

収入が下がる

住宅ローンを払うと生活費が足りない

足りない生活費を借金で埋める

住宅ローンは何とか払ってきたが、生活費穴埋めのための借金がふくらんでどうしようもない...

といったような場合は、有効に機能することが多いでしょう。


もっとも、そもそも個人再生が使えるか、その場合毎月の返済額がいくらくらいになるか、などを正確に予想することは難しいので、専門家に相談することをお勧めいたします。

弁護士の紹介

ご相談の予約はこちら 043-388-0308

事務所までのアクセス

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル4階
TEL:043-388-0308

詳しいアクセス方法はこちら