任意売却

任意売却とは

住宅ローンや借入金などの支払いが困難で、このままだと 競売で不動産を

手放すことになりそうな人は、こちらの手続を! !


一般的に、住宅等を購入するために金融機関でローンを組むと、その住宅に抵当権等の担保権を設定します。

そして、事情により住宅ローンの返済が困難になったときは、金融機関はその担保権に基づいて、裁判所に不動産の競売申立をして、その売却代金を自らの貸した金の回収に充てます。


しかしながら、実際に競売の手続きによると、売却されるまで時間がかかり、その売却価格も市場価格を下回ることが多いのです。

そこで、第三者が買主候補を見つけ、金融機関と債務者との間に入って交渉を行い、競売手続ではない方法で売却手続を進めていくことがあります。

これを任意売却と言います。

要するに、競売という法律上の手続にこだわらずに当事者の任意でやる売却手続、ということです。


債務者、買主、金融機関などの関係当事者が納得すれば、普通の不動産売買手続とあまり変わらない流れで完了します。

競売の手続がされていれば、それは途中で取り下げられることになるでしょう。

交渉に当たる第三者は不動産会社が多く、それも任意売却を専門に扱っているところが多く見られます。


メリット

  • 債務者とすれば、不動産が高く売れれば住宅ローンを完済できる。完済できずとも残債務額がより圧縮される。(また、債務者が身内など関係の深い人間を買主候補にし、任意売却が成功すれば、赤の他人に競落される場合よりも追い出される心配が少なくでしょう。)
  • 買主とすれば、競売と違って競合する相手がいないので、条件さえ合えば確実に不動産を入手できる。
  • 金融機関とすれば、競売の場合よりも高く売れれば、それだけ貸金を多く回収できる。
ということなので、当事者それぞれにメリットがあります。

それゆえ、全員が手続に協力してくれやすい=早く手続が終わることになります。


競売のように法律上定められたものではないので、細かい部分について当事者間の交渉で柔軟に対処することができる。

例えば、引越し日の相談など。


競売手続で売却するより、一般的に手続完了までの時間が短い。

仮に不動産売却後に債務が残った場合も、その債務の処理手続(破産など)に早く着手できる。


他方、あくまで各当事者が任意≒納得して進める手続ですので、以下のようなデメリットも存在します。


デメリット

  • 手続進行に強制力がありません。したがって、関係当事者全員の意見がまとまる必要があります。細かい条件等で足並みが揃わない場合は、残念ながらこの手続は続けられないことになります。
  • 競売手続がなされている場合は、法律上競売の取下げが許される日(原則は開札期日≒買受人が決まる日 の前日)までに話をまとめなければなりません。

弁護士の紹介

ご相談の予約はこちら 043-388-0308

事務所までのアクセス

〒260-0045
千葉市中央区弁天1丁目15-1
細川ビル4階
TEL:043-388-0308

詳しいアクセス方法はこちら